Search

ホワイトニング中の食事について

【ここでチェック】ホワイトニングした後の食事は何を食べて何を食べてはいけないのか


貴方は、ホワイトニングをした後の食事は何を食べていますか。 お米やパン、イタリアンにラーメンなど、多くのものが手軽に食べられる便利な世の中になりました。 しかしそんな中、多くの方がホワイトニングをした後の食事で、何を食べたらいいか悩んだことはないでしょうか。 今回はホワイトニングをした後の食事について、どのような対策をすればいいのかご紹介します。

目次

  1. 着色料が付かなければ汚れない

  2. 特に避けるといいもの

  3. 着色しないための対策

  4. 色が付いていないものがいい

  5. まとめ

1 着色料が付かなければ汚れない

実は着色料は、水以外の全ての食べ物、飲み物に少なからず含まれているのをご存知でしょうか。 ホワイトニングをしても1ヶ月経つと0.5〜1トーン程、歯は着色してしまうと言われています。 しかし、食べ物には着色料が濃いものが多いのも現実。 そんなこと言われたら何も食べるものがないのでは、と不安に思いますよね。 しかし食べ物には着色性があるものもが多いのが現実。 「そんなこと言われたら何も食べるものがないのでは」 と不安に思いますよね。 大丈夫です。 あることを気をつけていけば、安心して飲食することができます。 では何を注意すれば、なるべく着色するのを避けることができるのでしょうか

2 特に避けるといいもの

まず避けた方が良い食べ物は、とにかく色の濃い食品。 食べ物ですと、カレーライスやチョコレート、トマト、ほうれん草、ミートソース、味噌ラーメン、焼きそば、焼肉のタレ、ケチャップにソース、キムチ。 果物では、イチゴ、ぶどう、ブルーベリー。 飲み物では、コーヒー、抹茶、ウーロン茶、炭酸飲料、ビタミンCが含まれるレモンやオレンジ、グレープフルーツジュース、スポーツドリンク等が挙げられます。 また、最も着色力が強いのは、赤ワインや紅茶に続いてコーヒーやウーロン茶とのこと。 また、お酒も避けたものがいいものがあります。 赤ワインはなるべく避けて、白ワインにした方が着色がつきにくいです。 また、食べ物以外に、うがい薬や口紅、タバコも歯が汚れる原因に。 しかし、上記は、濃い着色料を持つ代表的なものの一部 食べ物の他のもあげれば、飲料物や化粧品、嗜好品などもある為、ここの枠にはとても収まりきれません。 他にも、口にするであろうものを広範囲で見ると、まだいくつかあります。 ただ参考に、歯の白さを持続させたいのであれば、上記のものを控えるべきでしょう。 しかし、これらの食べ物を全く口に入れないというのはほぼ不可能に近いですよね。 では、なるべく汚れないようにするにはどうすればいいのでしょう。

3 着色しないための対策

飲食したら、すぐに水で口の中をすすいだり歯磨きをすればかなり着色するのを軽減できます。 食器を洗うのと似たもので、なるべく汚れがこびり付かないように、早く水で流しますよね。 それと同じで、なるべく歯に付いた汚れて水を含んで落とすのです。 しかし、それでも飲食を繰り返しすれば次第に着色が進行し、せっかくきれいになった歯が汚れてしまいます。 なら、安心して食べられるものはないのでしょうか。

4 色が付いてないものがいい

実は結構あるんです 具体的に挙げるとお米やパン、カルボナーラ、グラタン、塩ラーメン、塩焼きそば、大根、キャベツやレタス、里芋、フライドポテト、チーズやヨーグルトや生クリーム、バター、白味噌やお吸い物、水や牛乳、白ワイン。 おやつでは、ナッツやシュークリームを食べると良いです。 上記の内容を見ると、比較的白いものが多いですね。 これらを参考にすれば私たちの歯は、なるべく着色が付かずに保たれるということです。 もし、なるべくなら歯の色を綺麗な色でキープしたいというのであれば、上記のようなものを意識して口にすれば着色の進行を緩やかにしてくれるでしょう。 5 まとめ 改めて、ホワイトニングした後はどうんなも物を食べればいいのか。 そして、濃い色のものを口にしないことが、ホワイトニングの効果を長く持続させる事ができるということです。 それでも、どうしても色の濃いものを食べたいときありますよね。 その時は食べる直前に水を飲む事で、短時間ですが歯に薄い膜を張ってコーティングしてくれて普通に食べるより着色を防いでくれます。 つまり、食事が終わったのにテレビを見たり、寝転ぶと言ったリラックスタイムに入る前に、食べ終わったらすぐに口をゆすぎ、歯磨きをするという習慣をつけことが大事ということですね。 食事をする際は、上記の飲食、そして食後はすぐに水を含むことを参考にしてみましょう。



0 views0 comments