Search
  • 聖 押川

【歯茎の黒ずみ】適切な対処法



白い歯はそれだけで爽やかな印象を与えますが、それに加えて歯茎が綺麗だと健康的なイメージを与えることが出来ます。


しかし、どちらも自分の手で綺麗にすることは非常に難しく、またどのようにすれば綺麗にできるのかというメカニズムも意外と知られていないのでは無いでしょうか。

歯茎の黒ずみが気になる方は、自分にとってベストな治療法を知ることが大切です。

今回は歯茎の黒ずみの原因と、治療方法についてご紹介致します。


目次 1.歯茎が黒ずんでしまう原因 2.歯茎が黒ずんでいる場合の治療法 3.ピーリングでは取れない汚れ 4.まとめ



1.歯茎が黒ずんでしまう原因



もともとはきれいなピンク色だったはずの歯茎は、なぜ黒ずんでしまうのでしょうか。

歯茎の黒ずみは、主に次のような原因で起こります。

虫歯治療の際に被せ物や詰め物として使用した金属のイオンが溶け出してしまうと、それが歯茎を黒くさせてしまいます。

差し歯の場合もそれと同じで土台や被せ物内の金属が長時間かけて溶け出してしまうことで歯茎が黒く目立つようになるのです。

タバコを吸っている人の歯茎が黒いように感じるのは、ニコチン、タールなどのタバコの成分が歯茎内にあるメラニン細胞を刺激し、メラニン色素が歯茎に定着してしまうためです。

またタバコが原因で歯周病にかかりやすくなる場合があります。

歯周病が歯茎の奥深くまで進んで内部に炎症が起こると、歯茎が汚れてしまう場合があります。そうなると歯茎から出血することが多くなり、歯垢と血液が混ざることで黒い歯石が出来てしまいます。

歯周病の場合は適切な治療を受けましょう。

歯垢が影響を与えることもあるので、定期的にクリーニングを行い、歯垢や歯石を除去してもらうのもおすすめです。歯磨きはとても大事ですが、歯石がついたままでは効果が薄らぎます。これら一連の治療を受けた後で歯石の除去を行い、その後に歯磨きの徹底などを行うことで、歯茎を綺麗な状態に保てます。

2.歯茎が黒ずんでいる場合の治療法



治療の1つとしてガムピーリングがあります。

喫煙などの影響で歯茎が黒ずんでいる場合、その部分に薬を塗ってピンク色にするのがガムピーリングです。

長くても1週間後には歯茎の黒ずみの部分が剥がれて、ピンク色をした歯茎が現れます。

個人差があるため、早い人は2日3日で効果を実感できるようになりますが、基本的には誰でもピンクの歯茎を手に入れることができます。

ガムピーリングは低価格な上に、かかる時間は15分程度と大変短く、簡単に行えるところも魅力的です。表面麻酔を用いれば治療を行っている際の痛みは軽減され、多少違和感はあっても耐えられないものではありません。もちろん歯周病の人や知覚過敏など何かしらの問題を抱えている人は相談が必要ですが、歯茎が綺麗になることは確実です。

3.ピーリングでは取れない汚れ


歯茎の汚れがしつこく、ガムピーリングだけではどうにもならないという場合に行われるのがレーザー治療です。レーザーを黒ずみの部分に照射することにより、歯茎を綺麗にすることができます。 人によっては耐えられない痛みだと感じる場合があるので、同様に表面麻酔を行って対処してもらうことがおすすめです。数回で終わる人もいますが、黒ずみの状態によって個人差があります。

もし被せ物や詰め物として使用した金属が溶け出すことで歯茎が黒いように見えているのが原因であれば、それらを金属製でないものにかえる治療もあります。

例えば金属を使用しないオールセラミックの被せ物にすれば長年経っても金属が染み出すことはなく、歯茎が黒いと気にする心配はありません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

「歯茎が黒い」ことが気になって人前で話すことや笑うことが嫌だったという方でも、しっかりと歯茎のケアや歯医者さんでの治療を行うことによって歯茎を綺麗にして自信を取り戻すことができます。詰め物等金属を変えること・レーザー治療・ピーリングなど気になった治療法は歯科医師にしっかり相談してみてください。

自分の歯茎の黒ずみの原因を知り、それに対する対策を立てて予防策を講じ、綺麗な歯を保っていきましょう。

7 views