【必見 日本人の平均の歯の色】ホワイトニングで綺麗に生まれ変わろう



貴方はご自身の歯をまじまじと見たことはありますか。

多くの方が、歯をそんなに意識して見たことがなかったと言います。

統計で、日本人は欧米人と比べると、著しく歯に対する意識が低いとされています。

アメリカでは、ホワイトニングはエチケットとして当たり前に生活に取り入れているのと比べ、日本では芸能人や美意識の高いごく一部の人しかホワイトニングが浸透していません。

この違いは何故でしょうか。

もちろん文化の違いかもしれません。

ですが私の見解ですと、日本人がホワイト二ングの知識が乏しいことが

大きな要因なのではないかと思います。

なので今回は、ホワイト二ングの知識のない方に向けてご紹介していきたいと思います。

目次

1.歯の平均の色

2.歯が黄ばんで見える理由

3.ホワイトニングで白くなる理由とは

4.ホワイトニングの種類

5.まとめ

1 歯の平均の色


まずは、日本人の平均の歯の色についてお話したいと思います。

日本人の平均の歯の色は、A3~A3.5と言われています。

日本人の歯は、欧米の方と比べて歯の色は黄ばんでいるとのこと。

旅行で海外を訪れると一目瞭然です。

欧米の方で、歯が黄ばんでいる人はほとんどいません。

では何故、日本人欧米人でこんなにも歯の色が違うのでしょうか。

2 歯が黄ばんで見える理由


理由として挙げられるのが、元々の歯の質が違うからなのです。

欧米人は、歯の表面のエナメル質が元々厚く出来ています。

なので、その下にある象牙質が透けることがほとんどありません。

それに比べ、日本人はエナメル質が欧米人と比べると薄く、

そのためエナメル質の下にある象牙質(色は黄色っぽい)が透けてしまう為

歯が黄ばんで見えてしまうのです。

3 ホワイトニングで白くなる理由とは



ホワイトニングは、歯1本ずつに薬品を塗り漂白するイメージで汚れを除去していきます。

当店では、象牙質から本来の色より変色してしまっている色素を分解し、白くしていく手法を取り入れております。

なので、とても効果が高く、短期間で白くなると人気があります。

しかし、多くの方が綺麗なお色になることが出来ますが、一部の方だけ効果が発揮しないこともあります。

その一部とは、歯の神経が死んでしまっている方

それは、他の歯と比べ、色が黒味を帯びてしまっているものを指します。

神経が死んでしまうと、血液循環がなくなり、歯の質が古くなっていきます。

なので、時間が経つにつれ変色し、黒くなっていくという訳ですね。

もし、貴方が上記の内容に当てはまるのであれば、

通常のホワイトニングを行なっても雀の涙で無駄なコストと時間をかけてしまう恐れが想定できます。

なので、別の方法で歯を綺麗にしていくと良いでしょう。

4 ホワイトニングの種類


ホワイトニングと一言で言っても、種類は様々です。

大きく分類すると4つ。

ここで貴方に会うホワイトニングはどれか一緒にチェックしていきましょう。

「オフィスホワイトニング」 歯科で行うもの。

専用の薬剤を使用し、ライトを当てて照射していく。

「セルフホワイトニング」 自身でサロンに行き、ホワイトニングしていくもの。

「ホームホワイトニング」 自宅で行うもの。

マウスピースを歯科で作ってもらい自宅で作ってもらった型にジェルを入れて行うホワイトニング。

「デュアルホワイト二ング」 歯科医院のオフィスとホームを併用したもの。

マウスピースを作り、歯科でホワイトニングを行う。

しかし、ホワイトニングに種類はあるのは理解したが、いまいち自分に良さそうなやり方がわからないと思います。

まず、自身で行うものと歯科で行なっているホワイトニングの違いはなんでしょうか。

専門医にやってもらっているかどうかだけではありません。

過酸化水素を使うか、使わないかの差が大きな違いです。

過酸化水素は簡単に言えば、オキシドールの濃いもの。

そして、セルフホワイトニングでは過酸化水素を使用しないので本来の色を戻す程度の効果。

歯科では過酸化水素が使用されているため、本来の歯以上の歯の色を手に入れられます。

又、当店ではセルフホワイトニングではあるものの、歯科と同様のジェルを使用しているので、効果が発揮しやすい理由となっているのです。

5 まとめ

こちらの記事を読んで少しでも貴方の歯に対する意識が変わればいいなと思います。

ホワイトニングは単なる美容ではなくエチケットなのです。

自分は関係ないではなくまじまじと自身の歯を見て向き合ってみて下さい。

ホワイトニングは種類も様々あるので

ご自身の生活スタイルや予算などに応じて

自分にとって最良のホワイトニングを行なって頂けたらと思います。

・セルフホワイトニング→費用を抑えてある程度歯を白くしたい方

・デュアルホワイトニング→費用がかかってもいいから短期間で徹底的に白くしたい方

・オフィスホワイトニング→多少費用がかかってもいいから本来の歯以上に白くしたい方

・ホームホワイトニング→通うのは厳しい。完全にマイペースで歯を綺麗にしたい方

ホワイトニングをする際は、上記の種類を参考にしてみましょう。

歯が白くなると笑顔の数が増えます。

笑顔の数が増えると自然と毎日が幸せに感じます。

人生一度きり。

思いっきり笑って毎日過ごしたくありませんか。

貴方にとってかけがえのない人生になりますように。



0回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2020beauty teeth Co.