【オールセラミックって何】自由診療の被せ物







日本では審美歯科の人気が高まっているのをご存知でしょうか。

普通の歯科クリニックでは主に歯周病やむし歯などの治療を行いますが、審美歯科は歯の美しさに特化した治療を行います。

審美歯科で人気が高い治療法がオールセラミックというものになります。

オールセラミックを使ったメリット、デメリットについて今回ご紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

目次

1. オールセラミックのメリット・デメリット

2. 審美性が高く、強度も強いジルコニア

3. セラミック治療

4. まとめ


1. オールセラミックのメリット・デメリット



むし歯などで歯を削った場合は、削った部分を被せ物で補うのですが、被せ物の素材には様々な種類があります。


内部に金属が使われている被せ物は歯茎が変色するリスクが。

金属アレルギーだと使うことができないというデメリットがあります。

歯のすべてを天然歯と同じように白い素材で治療したい人は、オールセラミックを使います。


オールセラミックは陶器で製造されているので美しく自然な透明感があり、金属を使用しないので、金属アレルギーがある方にでも安心して使うことができるのです。

セラミックは体に優しい素材で、歯の大きさを調整できるので美しい歯並びを実現できます。

オールセラミックは保険が適用されないので自由診療になりますが、審美歯科に通ってセラミック治療を受ける人は近年増加中。

セラミックは歯垢が付きにくいので、むし歯にもなりにくいです。

自由診療な分メリットの方が大きいですね。


2. 審美性が高く、強度も強いジルコニア





最近はオールセラミックにジルコニアを使用するケースも多くなっています。

ジルコニアは腐食に強いセラミックで、体ともよく馴染みます。

医療分野で広く使われているジルコニアは、審美性の高い歯科治療の素材としても注目を集めており、従来のセラミックには強度の心配がありましたが、ジルコニアを使うことで強度の心配がなくなりました。

奥歯は強い力がかかるので弱い素材だと割れてしまうリスクがありましたが、強度があり丈夫なジルコニアなら安心して使うことができます。

セラミックも歯垢などの汚れがつきにくいですが、ジルコニアも汚れが付きにくくむし歯になりにくいです。

セラミックと同様に金属を使っていないので、歯茎が黒くなることもなく金属アレルギーの方でも問題なく使えますよ。

セラミックを使った治療でも口元が美しくなりますが、ジルコニアは透明感がより高くなるので審美性がさらに上がり綺麗に仕上がります。

3.セラミック治療


セラミック治療でクリニックを訪れると、最初に歯の状態を歯科医がチェックします。

治療の前にカウンセリングがあるので、初めて治療を受ける人でも安心ですよ

神経が残っている場合は麻酔をして歯を削り、形成が終了したら仮歯を作ります。

仮歯を入れるので歯のない状態で過ごすことはありません。

保険が適用されるプラスチックの被せ物は黄ばみやすく、劣化が目立ちますが、セラミックの被せ物は経年劣化が少ないので長持ちします。

最近は光学3DカメラやCTを導入しているクリニックも多く、美しい修復物を作成することができます。

人気が高くなるにつれて審美歯科の数も多くなっていますが、歯科医と技工士のレベルが高いクリニックで治療をすることが重要です。

4. まとめ

欧米では子供の頃から歯のケアを徹底して行う家庭が多いですが、日本はまだまだ予防歯科の概念がなく、若くして被せ物になる方が多いです


20代や30代の若い世代でも歯を失う人が増えているのをご存知ですか。


歯を1本失った場合はブリッジを入れる方が多いですが、ブリッジだと両隣の歯に負担がかかるので審美歯科でインプラントを入れる人も多くなっています。



オールセラミックはむし歯になりにくいので、歯の健康を維持しやすいですよ。


歯の表面を削ってセラミック製のクラウンをかぶせると、歯の色や形がトータルに美しくなります。


歯並びが美しいと自信を持って笑えるようになり、歯のコンプレックスによるストレスから解放されます。

ただしセラミックを入れたから、それで終わりではありません

毎食後歯を磨いていても、正しく磨かないとむし歯や歯周病の原因になりますので注意しましょう。






3回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2020beauty teeth Co.